自身の体調と知識に悩むベテラン看護師

看護師という職業を長く続けているだけでも尊敬の念に値しますが、長く続けているベテラン看護師も新人看護師同様に、様々な悩みがあります。

ベテラン看護師の悩みランキングを紹介したいと思います。

まず、第一位は、自分自身のカラダへの不安に関する悩みになります。

何歳になっても健康なカラダを保ち、持病もないという人は一人もいらっしゃいません。

どなたも何かしらの持病、症状があり、それらの痛みを和らげるために薬を服用している人も少なくありません。

いつまで仕事を続けられるか、持病が悪化すれば、体力に自信がなくなった、ひざ、腰に痛みを感じるようになった等、様々な不安要素を抱え、勤務しているとのことでした。

特に腰痛はなかなか周囲に理解されにくいものです。関連記事はこちら⇒理解してもらえない?腰痛の気持ち

続いて、第二位ですが、医療現場は日々進化しております。

その進化の中で、自分自身のスキルが付いていけないことからくる悩みになります。

働き盛りの中堅看護師の活躍がうらやましく、新人看護師の熱心さも持ち合わさず、それでいて、日々のんびりと過ごしている自分自身を恥じる人が多いとのことです。

第三位は、人間関係に関する悩みになります。

「最近の若い人は」こんな言葉が自然と口につき、若い人たちに疎まれてしまった経験を持つ看護師も少なくありません。

最後は、病院からの肩たたきに関する悩みになります。

年齢が高くなると、年齢、経験に合わせ、給料が上がります。

昨今は、病院も不景気の風が吹いております。

人件費削減のために、ベテラン看護師の肩をたたく病院も少なくないとのことです。